日本における3つのAR採用の推進要因

知識ネットワークと革新的なARソリューションが、日本企業が知識を保護するためにどのように役立つかをご覧ください。

世界をリードする経済大国のひとつとして、日本の先進的で多様な産業従事者は、世界のチームとのコラボレーションと知識の共有を改善するために、拡張現実とリモートコラボレーションソリューションをますます採用しています。 本日、APAC地域で拡大する顧客ベースをサポートするため、東京オフィスと現地スタッフのチームを設立し、Librestreamの日本への展開と国際的なプレゼンスについて発表しました。

日本でARの採用が増加傾向にある理由はいくつかありますが、このブログで主な3つの推進要因を特定しました。

 

労働力の変化

サプライチェーンや運営に海外のチームや施設が取り入れられるにつれて、日本の企業はARおよびAI機能内蔵の知識獲得ソリューションへの投資を増加させています。 これらのソリューションは、より深い知識の共有を可能とし、ジャストインタイムのトレーニングを提供し、従業員のコラボレーションプラットフォームとして機能します。

従業員の高齢化と人口減少という日本の人口統計上の課題と相まって、この海外とのコラボレーションの必要性は、企業が従業員の安全性と生産性を向上させながら、投資収益を達成するのに役立つOnsightのようなソリューションを強く正当化しています。

 

競争力のあるポジショニング

世界第3位の経済大国で、総輸出額の第4位として、日本が競争的ポジショニングを維持するために、継続的な労働力の強化と改善が不可欠です。 彼らのツールキットに包括的なARソリューションあることで、日本の主軸の輸出産業の自動車および自動車部品(1,360億ドル)、集積回路(307億ドル)、性能別機械(200億ドル)、旅客、貨物輸送船(137億ドル)業界を含む様々な産業で効率、安全性、および柔軟な対応力を向上させることができます。

 

中核となるイノベーション

日本政府は、その繁栄する経済はテクノロジーとイノベーションによるものだとしています。 日本政府は、世界経済で主導的な地位を維持するため、人口が減少していても、イノベーションにより経済成長が可能なことを証明する最初の国となるよう取り組んでいます。 彼らのコミットメントは、2019年以降の日本でのLibrestreamの Onsightの300%を超える成長と採用に反映されています。

Onsightを使用することで、日本の企業は、AR、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)のデータ視覚化を組み合わせ、自動化された実地訓練を可能にし、認知負荷を軽減し、運用上の洞察を推進することで、労働力の変革を加速することができます。

日本での事業拡大により、弊社の技術が、日本の企業の皆さまにそれぞれのビジネスとデスクレスの従業員のニーズを満たすように設計されたカスタマイズ可能なARエクスペリエンスを提供すると確信しています。 Onsightの詳細については、電話会議を予約するか、弊社の日本チームのメンバーにご連絡ください。


Sales & Customer Support
Headquarters-International

1.204.487.0612

North America Toll Free

1.800.849.5507



© 2021 All Rights Reserved Librestream Technologies