各分野のソリューション

ARによる石油・ガス事業のデジタル化



2021年のデロイト社の石油ガス(O&G)展望レポートは、アンケートに回答したO&G分野の企業の33%が、今後5年間(2020〜2025年)のうちに供給が途絶えるリスクが高いと予想していると報告しています。 多くのO&G企業は、この不確実性を踏まえ、労働者の安全、コスト削減、生産性、石油・ガス購入者のカスタマーエクスペリエンスを改善するべくデジタル変革を加速しています。 O&G業界が早急に注力すべき点は、遠く離れた、あるいは海上にある油井掘削装置で働く作業員と、世界中のさまざまな施設で働いている対象分野専門家(SME)との共同作業を可能にすることです。 複雑でなじみのない問題を解決するためSMEに応援要請がとどきます。 SMEが海上掘削装置にたどりつくまでには長い移動時間が必要になります、その間にクリティカルな機器の故障により、数日間の掘削装置が使用できなくなり、供給が途絶え、サプライチェーンに混乱が生じかねません。 Onsightのリモートエキスパートテクノロジーを使用することにより、SMEと掘削現場の作業員をライブビデオ通話でつなぐことができます。 両者は、双方向でやり取りしながらクリティカルな機器の修理や整備にあたることができます。SMEは、作業員が装着したARウェアラブルデバイスやスマートデバイスを通じて、確認したい部分の映像を拡大する、ライトを点灯させる、HD画像を撮影する、テレストレーションを使って関連領域をマーキングする、IoTやAIコンピュータービジョンを使ってデータにタグ付けする、トレーニング目的でセッションを記録する、などさまざまな操作を行うことができます。 Onsight Connectは簡単に操作できるため、O&G企業は、掘削現場の作業員やSMEがどこにいるかに関係なく、装置の故障を正確に特定して迅速に解決にあたることができます。
O&G分野では主に次のような目的でOnsightをご利用いただいています。
  • リモートガイダンスによる坑井仕上
  • 生産設備に関連した通常のワークフロー
  • リモート立会試験
  • サーモグラフィーによる一般的な環境スキャン
  • 資産のリモート整備・修理
  • コア資産とプロセスのライブビデオ検査
  • リモートHSE(労働安全衛生・環境保全)検査
最先端のリモートエキスパートソリューションを導入したクライアントからは、機器の可用性が向上した、装置の運転効率が向上した、流動資産の生産性が向上した、新しい収益源が開発できた、顧客満足度が向上したといった声が数多く寄せられています。 LibrestreamのクライアントのNOV社は、世界中で石油と天然ガスの掘削と生産に使用されるさまざまな機器、部品の大手メーカーですが、Onsightテクノロジーを導入することにより、操業が中断されることや予想外の事態が発生することのないシームレスな顧客体験を得ています。詳細については、以下をクリックしてください。 詳しく知る
詳しく知る
oiland-gas-lib-web-1000×1000-use-case-body-d2
$ 10 M
遠く離れたところから噴出防止装置(BOP)の問題がないか診断することで、ダウンタイムによる損失を削減
$ 3 M
無人の油井でのかねてからの整備問題を解決することで節約-HSEリスクを低減
6 %
海洋掘削請負業者、ノーブルドリリング社の作業へのバーチャルでの立会によりダウンタイムを節約