各分野のソリューション

Onsightを活用したバーチャル診察と手順指導



健康上のニーズは年齢層によって変化し、米国の8300万人の人々、すなわち労働人口の50%を占めるミレニアル世代は、バーチャル医療に対する抵抗感が最も低い世代です(調査対象の60%が抵抗感がないと回答)。 新型コロナウィルスの流行により、クリニックへのバーチャル受診だけでなく、医療従事者と専門家の間のリモートガイダンス、新しい研修医と医療従事者向けのバーチャルトレーニングにも活用できる、安全でHIPPAに準拠したソリューションの導入の必要性がいっそう高まりました。 Onsightは、医療機関に、患者と話し合い、職員と協力するためのセキュアなプラットフォームとしてご利用いただけます。 支援を必要としている場所が病院であれ、遠く離れた看護ステーションであれ、路上の救急車の中であれ、Onsightプラットフォームのリモートエキスパートによる支援が、医療従事者の助けとなり、医療の迅速な提供、踏み込んだトレーニングの実施、個人用保護具(PPE)の保存などで効果を発揮します。 リモートエキスパートによる支援とは、別の施設で作業しているチームに「私とみているものと同じ」映像を送るAR機能です。 患者と最前線で治療にあたる医療従事者の安全を確保するには、専門家に即座にバーチャルにアクセスできる機能に加えて、ミリタリーグレードのセキュリティ、プライバシー管理が決定的に重要です。 リモートエキスパートソリューションであるOnsightプラットフォームを導入することで、最前線の医療従事者は必要な支援を得ることができ、世界中のどこからでも専門知識をバーチャルに取り入れ、患者の転帰を改善するのに役立てることができます。
Onsightは、次の目的で遠隔医療実施機関にご利用いただいています。
  • リモートスペシャリストによる臨床での手順の監督と指導、物理的に必要なスタッフの人数を削減
  • 個人用保護具(PPE)と洗浄手順の監督
  • 救急車と空路搬送の移動中のトリアージと救急医療隊員への支援
  • 遠隔地の専門家との協力による看護ステーションや介護施設の患者の診断と治療計画の検討
  • 新しいスタッフや経験の浅い、もしくは未資格のスタッフに、迅速に習得する必要のある手順を教育する
私たちのテクノロジーを導入することにより、医療機関は、新しいスタッフに対して効果的なトレーニングを実施し、患者の転帰を改善し、異なる分野の医療従事者間の協力を強化することができます。 Vuzixと共同開発したウェアラブル遠隔医療ソリューションの詳細についてはウェビナーをご覧ください。
Vuzixはウェビナー
telehealth-lib-web-1000×1000-use-case-body-d2