各分野のソリューション

Onsightが監査人によるリモート検査を可能に



試験・検査・認証(TIC)機関は、デジタルテクノロジーが出回るまでは、主に対面サービスを提供していました。 こうした対面サービスには数日間の出張や顧客側の長い資産使用不能時間などが伴っていました。TIC企業の間では、これが無駄を削減できる分野と見なされ、Onsightのような高度な拡張現実(AR)ソリューションを採用して、世界に点在するクライアントにリモート検査サービスを提供する動きが広がっています。 あるアンケート調査では、TIC機関の40%から60%が、今後10年間でサービスの品質と効率を向上させるため、ARを含めたデジタルテクノロジーを組み込む予定だと回答しています。 TIC機関は、Onsight Connectなどのテクノロジーを導入することにより、世界中のどこからでも徹底した検査を実施し、現地の法律を遵守しながら、職場のナレッジベースを開発するユニークな機会をクライアントに提供することができます。 このテクノロジーにより、監査人は、適合するスマートデバイスを使ってライブビデオ通話で顧客とつながることができます。 検査官は、テレストレーション、IoT、AIなどの高度な機能を使用して、重要な領域にタグ付けし、現場で働いているクライアント側の作業員と効果的に共同作業を行うことができます。 現場のチームは、Onsightリモート検査を記録し、内部トレーニングに活用することも可能です。 コンテンツの作成、既存のコンテンツへのアクセス、サイト外の専門家とのコンテンツの共有といった機能により、バーチャルに共同作業で包括的な検査を実施することができます。
TICのクライアントがLibrestreamのサービスと製品を使用する主な用途は次のとおりです。
  • 内部トレーニングとメンタリング
  • リモートの安全性検査とコンプライアンス検査
  • 品質保証と品質管理
  • 溶接およびコーティング検査
  • 製造設備の試験
  • 腐食評価
  • 製品のトレーサビリティ
  • 建物や施設の監査
Onsightテクノロジーを導入することにより、SGS社のようなクライアントが生産性を高め、安全性を向上させ、出張の必要回数を減らし、燃料費と二酸化炭素排出量を削減する成果を上げています。 検査、検証、認証分野で世界のトップを走るSGS社がLibrestreamのOnsightソリューションを具体的にどのように使ってビジネスの成果を最大化しているか、詳細については以下をクリックしてください。
詳しく知る
inspection-lib-web-1000×1000-use-case-body-d2
89 時間
Onsightを使用することで1件あたりリモート検査時間を節約
10 %
Onsightを用いた資産検査によって運転可能時間を改善
60 %
リモート検査機能により航空機地上滞留(AOG)事象1件当たりのターンアラウンドタイム​​を短縮