各分野のソリューション

国防分野での整備業務と可用性維持



2018年、米国会計検査院(GAO)は、空軍が総じて航空機の主要な可用性目標を達成しなかったと報告しました。 その重大の理由としてGAOは、記録共有と整備計画の立案が適切に実施されていなかったことを挙げています。 リモート・エキスパートとのコラボレーション機能と知識共有機能を備えた高度なARプラットフォームが、国防産業における資産の可用性を向上させ、運転不能時間を短縮するのに効果を発揮します。 即応態勢にある航空機、製造品質検査、リモート現場点検などのためにオンサイトでの支援が必要となる場合はもちろん、そのような支援の必要がない場合も含めて、Onsightプラットフォームのリモート・エキスパート支援は、専門家と軍関係者、委託事業者とのあいだをつなぎ、意思決定の迅速化、コミュニケーションの合理化、世界中の対象分野専門家(SME)からのリモートによる効率的で踏み込んだトレーニングを可能にします。 Onsightリモートエキスパートソリューションを活用することにより、国防関連企業は、リモートで政府源泉検査(GSI)を行い、現場の技術者とSMEをリモートでつないで、コンプライアンスや資産の問題を即座に解決できます。 また、セキュアなオンプレミス型ナレッジベースであるOnsight Workspaceを使用することにより、記録の共有と計画立案を強化し、整備の依頼があった場合、時間どおりに整備を行えるようにすることができます。
国防部門では、現在次のような目的でOnsightを利用されています。
  • 遠隔地にある複雑な機器、設備などを確認するライブビデオ検査
  • SMEによるリモートサポート
  • さまざまな機器や資産についての作業指示のデジタル化による作業工程のスリム化
  • プロセスやデータなどに関するリモートメンタリングや知識キャプチャによるトレーニングと知識保持の向上
  • 航空機、武器、車両などの固有の資産の整備プロセス全体を通じた関係者間のリモートコラボレーション
  • オンプレミス型でセキュアなナレッジベースの構築
Onsight拡張現実ソリューションは、利用されているクライアントから資産の可用性が向上した、ダウンタイムが短縮できた、生産性が向上した、コスト削減ができたなど、導入効果があったと評価されることが多いです。 事業の成果を最大化するために、レイセオン・ミサイルズ&ディフェンス社がOnsightプラットフォームを活用された事例については、以下をクリックしてください。
Read how Raytheon Uses Augmented Reality
defense-lib-web-1000×1000-use-case-body-d2
20 %
問題解までの時間を短縮
30 %
業界トップの航空機・国防企業が出張を減らし、経費を削減
70 %
生産性のある総時間数が増加